​MUCCINI ITALIA 日本東京都中央区築地1−4−8 03-3542-1086 

1-4-8Tsukiji Chuo-ku Tokyo, 104-0045, Japan

Truffle トリュフとは

トリュフは、土の中で生育する塊茎状のキノコです。

強い臭気と珍しい独特の味を持ち、地球上のすべての農作物の中でも最も高価な作物になります。

古代から、この価値の高いキノコは、食文化の発展と共に使われてきました。

ギリシア人は、それをHydnonと呼び、この名前を神の王ゼウスの稲妻に関連付けました。ローマ人は、それをTuberと呼び、アラブ人はRamech Alchamech Tufus またはTomerと呼びました。新しい千年紀に、この崇高な果実は大地の味の大使になりました。

最も重要なヨーロッパの貴族の舞踊会の食事に使われ、王たちへの贈り物として献上されました。

トリュフの香りは、食材の素質を増強し風味を強めるために使用され、崇高で高貴な味わいや喜びを与え、人間の五感を刺激します。

自然は様々なタイプのトリュフを生み出します。世界では33種以上のトリュフが生息しています。最も有名で価値があるのは白トリュフです。

 

その希少性と最も洗練された口当たりで一番人気の高いトリュフとなります。白トリュフは栽培することはできません。それは1年に3ヶ月間しか収集することができず、その収穫量と品質は気候と密接に関連しています。

 

白トリュフは専門家の手によって収集されます。訓練を受けた犬の嗅覚に導かれ、地面の下に隠された貴重なトリュフの塊を見つけ出します。

 MUCCINI ITALIAは、イタリア マルケ州・ウンブリア州で採れる6種類のトリュフから下記4種のトリュフを厳選し製品化しています。

White Truffle 

Tuber Magnatum Pico

白トリュフは、マルケ州・ウンブリア州では10月から12月に収穫されます。

商業的にこの短期間でしか取れない白トリュフはトリュフの王様と呼ばれ最も希少価値が高い作物となります。

白トリュフは、柔らかく湿っていて、カルシウムが豊富で空気の循環が良好な土壌で育成されます。

繊細かつ豊かな香りと深い味わいが特徴です。